Concept
コンセプト
Concept

一時しのぎではない根本原因からの回復を

肩こり・腰痛テニス肘などこれらの不調は慢性化しやすく、少し休んで回復しては再発するを繰り返すことも多々ございます。そのループから抜け出すために、適切な検査で根本原因をしっかり特定し、その原因へDRT(ダブルハンドリコイルテクニック)で働きかけてまいります。

背骨の歪みが多くの不調が回復しない要因

お体にあるこりや痛みも、本来であればしっかり睡眠時間を確保し安静にしていることで回復できるものです。しかしながら、なぜそれが叶わずに不調の慢性化と再発を繰り返すのか、それは背骨が歪んで自己治癒力が弱まっていることが関係しています。人間の体には本来、しっかりした自己治癒力が備わっているのですが、足を組んで座る・肘をつけてパソコンを操作する・スマートフォンを猫背で操作するなど、このような不適切な習慣が元で背骨や骨盤が歪み、神経が圧迫されてしまうのです。その神経伝達の不具合を施術で整えていくことで自己治癒力が本来の力を発揮し、不調が回復へと向かいます。

体に負荷のない施術でお客様も安心

背骨の歪みを矯正するというと、背骨をバキバキと鳴らしながら行うハードな施術を連想される方も多々いらっしゃいます。このようなバキバキ鳴らしながら進めるオーソドックスなカイロプラクティックの施術、も痛みは基本的になく相応に回復が見込まれますが、多少お体に負荷がかかってしまうのと心理的に痛そうで抵抗が出てしまうケースもございます。その点においてDRT(ダブルハンドリコイルテクニック)といった施術法を採用しているため、安心して施術をお受けいただけます。背骨を両手でユラユラと優しく揺らす施術法であり、バキバキ音も鳴らさず衝撃も体にかからないため、ハードな施術に抵抗があるお客様も安心です。

たったの20分間という施術時間で回復へ

施術時間は長ければ長いほどお体は回復に向かうのか、といったらそのようなものではありません。大切なのは施術時間の長さ以上に、いかに的確にお客様の不調の根本原因に対して働きかけ、質の高い施術をその時間に凝縮するかといったことです。特に、大変ご多忙な方も多い現代人にとって、「時は金なり」といった言葉はまさに至言であり、お金をかけてでも時間を節約したいと考える方も多々いらっしゃいます。DRT(ダブルハンドリコイルテクニック)による施術時間は1回わずか20分であるため、仕事帰りに忙しいサラリーマンやOLの方々が気軽に短時間で施術を済ませ、翌日快活な状態で仕事に向かうといったことも叶います。

お体の不調が慢性化して日常生活に支障をきたしてしまうとき、その出口の見えない不調との戦いに大きな不安を抱く方も少なくないのかもしれません。しかしながら、その不安に終止符を打つことは可能であり、そのためにDRTという背骨を揺らす優しい整体を名古屋市瑞穂区を拠点にお届けしてまいりました。肩こり・腰痛・ヘバーデン結部などといった一般診療の分野から、オスグッドシンスプリント野球肩などといったスポーツ診療の分野まで、対応可能です。施術者が途中で変わることなく、初回から最終回まで全てお客様のことを理解した院長が施術いたします。